ふるさと納税家電製品 おすすめ家電 カメラ

今月のおすすめ家電は、カメラです。

資産価値としてのカメラ

カメラはふるさと納税の中でも、価格が高い、つまり寄付金額が高い事が特徴です。

高級な事も有り、高いながらもふるさと納税の寄付商品として、毎年高い人気を誇っています。

この理由の一つは、資産価値として特別な価値を持っている事が大きな理由です。

家電製品の特長としては、転売の問題が出るくらい、製品としての価値があります。

昔カメラは、日本製はレンズが性能が良い事から、ニコン、のブランドは世界でも最高級な評価を受けていました。

今はレンズの性能だけでなく、電子制御技術、光を直接データに変換するミラーレス技術、と言った周辺の技術も高い技術を誇る様に成り、高い技術が集約された、世界的に見ても非常に価値の高い製品に成っています。

最近では転売目的で利益を上げる訳ではありませんが、新しい機種が出たら今持っている製品を売って、そのお金で新しい製品を購入すると言った、換金行動も盛んに行われる様になってきましたね。

メルカリで展示すれば、すぐ売れていく、現象が起きています。

ヤフオクでも、高い単価で買い取り価格が付く事が珍しくありません。

良く転売目的でカメラを購入する方がいますが、単価が高い事からリスクが伴います。

しかしふるさと納税で購入する場合には、すべて2,000円で購入できるので、原価が非常に安価に成るのです。

寄付価格が高ければ高いほど、メルカリやヤフオクで売れる価格は高く売れるので、利益もそれに比例して大きくなります。

この現象は、カメラだけでは無くて、ブランド製品で発生しています。

やはり、なんだかんだ言っても、自治体に寄付をしてその自治体が反映する事を応援する事は当然ですが、自分にとっても利益が無いとふるさと納税だけが利益を得る事では、この制度も反映しませんよね。

 

寄付する側の利益とは、使用する事での成果と、資産としての価値、ですよね。

例えば、年収が1,200万円有る方ならばふるさと納税で寄付出来る金額は、共働き2人の子供の場合で、約219,000円に成ります。

(ふるさと納税購入可能額計算参照)

ふるさと納税の還元率は、平均すると30%程度なので、それから計算すると153,000円x30%=約45,000円が原価に成ると思われます。

キヤノンミラーレスカメラ(EOS Kiss M・EF-M15-45 IS STM レンズキット ・ホワイト)の場合ですと、

ふるさと納税価格 ¥180,000円

推定実勢価格    ¥71,000円(2018年7月)

還元率            39%

です。

これが年とともに価値は下がりますが、カメラの場合には消費財と違って価値が下がりづらいのです。

趣味として数年使用しても、メルカリやヤフオクで売れば、高い確率で売れます。

その時の金額は、物にもよりますので明確な金額は出て来ませんが、それなりの金額が出る事があります。

それは、人気機種を選ぶことが大切です。

ふるさと納税の商品の中には、有名メーカーのキャノン、ペンタックス、と言った商品が数多く出ています。

交換レンズや本体も別売されていますので、その時に人気のある機種の組み合わせを選ぶことが出来ます。

マニアからすると、気に入った本体が有れば、その本体に合わせた交換レンズをそろえるはずですね。

でもすべての交換レンズをそろえるのは、一度には金額的に難しいですよね。

その為、まずは標準レンズ、望遠レンズを購入します。

使用するうちに、自分のジャンルが出来てきますので、接写レンズとかズームレンズとかが必要に成って来ます。

その時、写真はレンズが古くても映る画像はほとんど変わりません。

ですので、自分が欲しいレンズが出れば購入する確率は高いのです。

自分が欲しいレンズを定価で購入すると、当然高い価格に成りますので、中古品が出れば、定価より安い価格であれば、状態がよほど悪い状態で無いならば、問題なく購入していきます。

また、自分も使わないレンズも出て来ますので、これを売って自分が必要だけれども持っていない商品がメルカリやヤフオクで出れば、すぐ売れていきます。

趣味人にとっては、レンズは非常に重要なもので、このレンズ一つで撮れる画像が大きく違ってきます。

ではズームレンズで良いでは無いか?

と思われる方も居るでしょうが、ズームレンズは解像度が望遠レンズより劣るために、被写体が動くものでシャッターチャンスが損なわれるもので無ければ、望遠レンズは必ずニーズがあると言っていいでしょう。

その中でも、マイナーなメーカーでは交換レンズが出回らないので、販売チャンスは少なくなります。

商売ではありませんので、売れなくても良いですが、捨てるのはもったいないし、最近では環境問題でリサイクルが必要です。

社会的な面から見ても、使わなくなった製品はメルカリやヤフオクで販売する事は必要なのです。

車でもインターネットで売れる時代だから、カメラは比較的簡単に売買できるのです。

 

下にはふるさと納税 ふるなび から抽出したものを、私成りの視点で分けています。

購入の仕方はいろいろですので、形は無いのですが、一般的に使用するカメラ、趣味として使用するカメラに分ける事が出来ます。

一般的に使用するカメラの場合には、本体とレンズが付いたカメラが良いでしょう。

趣味としてカメラを使用される方の場合には、本体だけ、レンズだけ、を購入する手も有ります。

趣味として使う方ならではの価値観がありますので、人気のあるカメラならば必ず値が付くのです。

今はスマホがありますので、簡単に写真が撮れますが、綺麗な画像で撮る場合には、やはりカメラで撮った方が綺麗です。

スマホが良い所は、撮ってすぐデータを送付出来たり、ソフトを使う事でひげや髪の毛を付けたりする画像が作成する事ですね。

しかし、最近ではメルカリやヤフオクで出品する人も多いので、綺麗な画像で売り出した方が少しでも高い価格が付く可能性が高いのです。

人間を取る場合には、だんぜんカメラの方が綺麗に取れます。

絞りを下げて背景をぼかす手法や、顔の微妙な陰影は、スマホではなかなか取る事は出来ません。

取られる方も、スマホで撮られると、気分出ませんよね。

 

昔の写真は、フィルムを使用していたので、このフィルム代が高いので写真をたくさん撮る事は出来ませんでした。

その為、人間を取る場合にはその表情や姿勢の瞬間的なシャッターチャンスを逃してしまいがちでした。

しかし今は、フィルムが要りませんのでタダで写真をバシバシ取れるのです。

このバシバシ取れる機能はスマホでも有りますが、解像度が大きく違うのです。

特に引き延ばせば伸ばすほど、違いが出て来ます。

最近では素人でも簡単に写真が取れる為に、プロとそん色ない写真が撮れます。

その為、展覧会やインターネットにアップする機会が増えています。

 

一眼レフカメラとミラーレス、どちらを選んだら良いのでしょうか。

 

これを説明するには、まずこの写真を見て下さい。

これは、一眼レフカメラとミラーレスカメラの構造です。

(引用:キャノン公式 カメラ初心者教室)

 

これを見れば分かる様に、

一眼レフカメラは、カメラの中にある鏡(レフ)に、レンズが捉えた景色を反射させ、「光学ファインダー」を通してその景色を見ます。リアルタイムに景色を見ながら撮影できるため、撮りたい!と思った瞬間にシャッターを切ることができます。

一方のミラーレスカメラの場合、ミラーがない代わりに、レンズが捉えた景色を映像に変換し、それを「電子ビューファインダー」や「液晶モニター」に映します。
これのメリットは、明るさや色味などを撮影前に確認することができることです。撮ってみたら思わぬ写真になっていた、という状況を避けることができます。

この構造の違いが、大きさや重さの差となっています。

まず大きさですが、直接光をイメージセンサーで取り込み、デジタル画像にしてみる方が、構造的に簡単な分、小さくなります。

一眼レフの場合は、鏡でいったん反射させて、ファインダーに光が送られてきて直接画像を見る構造に成っているので、構造が複雑で本体の大きさも、ミラーレスに比較して大きくなります。

 

 

シャッターチャンスですが、被写体を見ながら狙って撮ったり、動く被写体ならば、一眼レフの場合が向いています。

レンズを通して、被写体を見ながら顔の前で狙って撮れますので、わずかな動きをとらえて、自分の押したいチャンスをとらえる事が出来ます。

しかしミラーレスの場合は、画像に写っている画面を見る必要があるため、被写体に向かって構えて取る事は出来ません。

その為、少し顔から話して取る事に成りますので、被写体のわずかな動きがとらえにくいのです。

半面、写真に写府画像がそのまま画面に映し出されていますので、写真としての構図や取れていない失敗は起きにくく成っています。

画質ですが、一眼レフの場合には大きなセンサーを使用している場合が多く、ミラーレスの場合には、大きなセンサーから小さなセンサーまで使用しています。

これは、本格的な写真を撮るためには、一眼レフが向いていると言われていますので、センサーも大きく解像度も大きいので綺麗な写真が取れるように成っています。

ミラーレスの場合には、形が小さいものから大きなものまでさまざまな事も有り、使用用途の応じてセンサーの大きさは決められているようです。

交換レンズは、一眼レフの方が多く、ミラーレスの方が少なくなっています。

これは、本格的な写真を撮ろうとすると、望遠レンズでも超望遠レンズとか使用する写真スタイルにもよって使うシーンが違ってきますので、交換レンズもそれに合わせて増えているのでは無いかと思います。

 

ミラーレスの場合には、本格的な写真を撮る人も居るでしょうが、比較的簡単に写真を撮りたい人が多い為、専門のレンズなどは必要となる場面が少ないからだと思います。

ミラーレス=小型で快適!軽量ボディで一眼画質を楽しむならミラーレス

一眼レフ=大きいけど本格的!動く被写体を撮るなら一眼レフ

と言ったところでしょうか。

結局は自分がどちらのカメラが合っているのかで、選びましょう。

 

 

 

 

ふるさと納税で寄付(返礼品)で貰えるカメラ

(下記の写真はすべて ふるさと納税 ふるなび から引用しています。)

レンズ付きカメラ

交換レンズ付きカメラ

 

 

 

交換レンズ

 

 

カメラ本体

全方位・ハイスペックデジタルカメラ

当サイトがおすすめする、ふるさと納税の食品と人気商品

ふるなび、楽天、さとふる、と言ったサイトから最も割安な商品を探して、紹介しています。

レモンサワー

牛肉四角バナー米四角バナーうなぎ四角バナー

シャインマスカット縦バナー ビール四角バナーいくら縦バナーホタテ新バナーさくらんぼ①

 

エアーウィーヴ四角バナー旅行感謝券いちご

その他のカテゴリー

果物類魚介類バナー野菜類バナーアルコール類バナー セット品・その他バナーたまごバナー加工食品バナー工芸品バナー調味料・油バナーお茶・飲料バナー雑貨・日用品バナー特定品バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です