ふるさと納税家電製品でツインバードから、本格的なコーヒーを煎れるコーヒーメーカーが出展されています。

ふるさと納税家電 ツインバード 全自動コーヒーメーカー

ふるさと納税家電製品でコーヒーメーカーが出展されました。

このコーヒーメーカーはツインバードが開発した豆から粉砕してコーヒーを自動で抽出するタイプの機械で、本格的なコーヒーが飲みたい方にピッタリです。

コーヒーは酸化されやすいので、挽いた豆を購入するよりも、飲む直前に豆を粉砕してから抽出した方がコーヒー本来の香りや味を楽しむことが出来ます。

このふるさと納税家電製品として提供されているコーヒーメーカーは、コーヒーのおいしさを追求した考え方に基づいて創られています。

お湯の温度も最適な温度を発見して、その温度で抽出しますので、コーヒーを最適な条件で抽出するのです。

ふるさと納税価格   70,000円
推定実勢価格     37,800円
還元率            54%

詳細な説明はこちら

 

 

製品の詳細はこちら

全自動コーヒーメーカー(CM-D457B)

特徴

コーヒー豆を入れれば、自動的にミルでひいて粉にして自動的にドリップ。

上部の蓋を開けてコーヒーの豆を入れて、自分の好みで豆の粉砕を選びます。

豆の粒度は、コーヒーの成分の出方や濾過 速度を変え、風味に大きな影響を与えますので、雑味が出ない様に細かな粉塵を作らない様にします。

誰でも美味しいコーヒーが抽出できる様に、3段階の粒度設定が出来ます。

ステンレス製の刃と独自設計の形状は、粒をキレイに揃えて抽出しやすい大きさにします。

 

(引用;ツインバードホームページ)

ドリップシャワーを噴出させる口と、ドリッパーとの間を2mmにしています。

これがコーヒーが淹れられる過程を五感で楽しめる様に、儲けています。

引かれた豆が落ちていくところから、湯が注がれてコーヒー豆が膨らむ様子、ドリップが落ちていくのが見えながら、コーヒーアロマの香りが部屋いっぱいに香り立ちます。

 

(引用;ツインバードホームページ)

抽出温度をコーヒーに合わせて自分で設定できます。

(引用;ツインバードホームページ)

監修の田口護氏が推奨する83℃。

豆の鮮度や煎り具合によってより適した90℃の2段階の湯温設定

 抽出温度は、味を決める1番大切なファクター。

豆の鮮度、豆の煎り、豆の粒度に応じ湯温を設定することで、最高な一杯に仕上げる様に設定する事が出来ます。

 

同様な商品

コーヒーメーカー

 

当サイトがおすすめする、ふるさと納税の食品と人気商品

ふるなび、楽天、さとふる、と言ったサイトから最も割安な商品を探して、紹介しています。

レモンサワー

牛肉四角バナー米四角バナーうなぎ四角バナー

シャインマスカット縦バナー ビール四角バナーいくら縦バナーホタテ新バナーさくらんぼ①

 

エアーウィーヴ四角バナー旅行感謝券いちご

その他のカテゴリー

果物類魚介類バナー野菜類バナーアルコール類バナー セット品・その他バナーたまごバナー加工食品バナー工芸品バナー調味料・油バナーお茶・飲料バナー雑貨・日用品バナー特定品バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です