ふるさと納税ステップメールバナー700修正


SEOもキーワードも使わずにブログを作成し、月数万円を稼ぐブログの作り方
なまえ 必須
メールアドレス 必須

ふるさと納税家電 掃除機の還元率ランキングで、おすすめ返礼品紹介

紙パック式ライトブルー

ふるさと納税でもらえる掃除機一覧表

 

 

 

ふるさと納税の返礼品でもらえる掃除機

キャニスター式

 

吸引力が強いので、掃除をしっかりする人にはこちらがおススメです。
サイクロン式と紙パック式があります。
モーターの部分がコンパクトに成っていますので、重量が軽く取り扱いが良く成っています。

 

 

(引用;ふるなび)

 

スティック式

コードレススティックタイプなので、取り扱いしやすく、お掃除も楽です。

 

K4スティック掃除機

 

キャニスティッククリーナー IC-CSP5-Aキャニスティッククリーナー IC-CSP5-R極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC7-W
   極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC7-B 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC7-P  (引用;ふるなび)
 

ハンディ式

小さいので、車の中やリビングでちょっとごみを見つけた時、サッと取れるので大変便利です。

最近の機械は、スティック方式でもヘッド部分を取ってハンディー式クリーナーとして使用できる商品が多く成っています。

ハンディクリーナー IC-H404-H

(引用;ふるなび)

 

ロボット式

部屋をセンサーで感知しながら、障害物を避けて部屋全体を掃除して行きます。
部屋と部屋との境目の段差も乗り越えて行く様に成って来ています。

(写真引用;ふるなび)

 

最近の掃除機の動向

掃除機と言えば、今まではキャニスタータイプの掃除機が主流でしたが、2018年度ではスティック掃除機の方が多く使用されるように成って来ました。

 

キャニスタータイプとは、昔ながらの掃除機のタイプで、吸引口とモーター本体がホースで繋がった掃除機で、紙フィルタータイプやサイクロンタイプがあります。

 

ハンディータイプは減少が続いています。

 

ロボット掃除機は少ないながら、わずかですが、昨年よりも4%程度伸張しています。

(写真引用;ふるなび)

 

これは、キャニスタータイプの掃除機はコードがついていますので、部屋を渡って掃除をする際にいちいちコンセントを抜いて掃除をする手間がかかる事や押し入れから掃除機を出し入れする手間がかかる事が、販売数の減少に成っていると言われています。

 

一方スティックタイプの掃除機は、充電して使用できるので、コードが必要なく部屋を渡って掃除をする事が出来るので、手間がかかりません。

 

コードが無いので掃除をする際、ジャマに成りませんし、最近の充電器が優れているので長時間使用できる様に成った事が大きな理由です。

 

コードが有る機種もありますが、小型で取扱が便利に成っています。

 

小さいので、掃除したい時にすぐ掃除ができるし、部屋の中に置いておいてもインテリアとしてみる事が出来ますので、リビングに立てかけて置いておく家庭も多いのです。

 

 

軽いですし、狭い所でもサッと掃除ができるので、手軽さが受けていてたくさん製品が開発されています。

 

ベッドの下、ソファーの下、タンスの隙間、と言ったちょっと腰を曲げて掃除をするような時には、手で持ってすき間に掃除機を入れて掃除ができるのは助かりますね。

 

気が付いた時なサッと、時間があった時にサッと、いちいち掃除機を押し入れから出して掃除をするとなると、大変ですよね。

 

そんな時、リビングに1台置いておけば、サッと掃除が出来ます。

(写真引用;アイリスオーヤマ)

しかしながらキャニスター掃除機の方が長時間掃除が出来ますし、吸引力が強力です。

最近のキャニスター型掃除機は軽量、小型に成っていますので、思っているよりは簡単に移動させる事が出来ます。

毎日使うものですので、女性には軽くて扱いやすい掃除機は大切ですね。

 

ゴミを貯める装置も大きく成っていますので、すぐ満杯には成りませんので、ゴミを捨てる回数を減らせるメリットもあります。

 

 

何と言っても吸引力はスティッククリーナーよりも強力で、サイクロン掃除機が出て来てから、ゴミをたまっても吸引力が落ちなくなっていますので、ゴミをしっかり取りたい方は、キャニスター掃除機を選ぶ方が多いのです。

 

車輪が付いた本体を移動させながら掃除するキャニスター型の掃除機はダストカップが大きいため、ゴミがすぐに満杯になることがなく、吸引力が安定しているのが特徴。掃除機にパワフルさを求めるのであれば、キャニスター型がおすすめです。

 

最近のキャニスター型掃除機は小型軽量化されているため、予想以上に移動がスムーズにできます。掃除機は毎日使う家電なので、サイズやデザインよりも機能を重視するのがポイントです。

 

掃除機はヘッドブラシでお掃除の楽さが変わります。

掃除機のヘッド部分

引用;アイリスオーヤマ

キャニスター掃除機はしっかりごみを取るために、ヘッドブラシが大変重要な部分に成っています。

 

ゴミを吸い取るヘッドブラシはとっても需要なポイントです。

タイプも数種類ありますので、自分の家で使いやすいタイプを選択するのが良いですね。

 

自走式;モーターをヘッドにつけていて、モーターの力でヘッドを前に進めながらごみをかき出して吸引しますので、ゴミが残らずたくさんとれるのが特徴です。

自走式なので、掃除に力が少なくて済みますので、楽に掃除ができるので人気があります。
価格的には高めの商品に多く採用されています。

 

パワーブラシ式;ヘッドについているブラシがごみをかき出しながら吸引します。じゅうたんに入り込んだごみもじゅうたんからかき出して吸い取ります。

自走式よりは価格が安いタイプが多く、リーズナブルです。

 

タービンブラシ式;ブラシ自体にはモーターは有りませんが、空気を吸い込む力によってブラシが回って、ゴミをかき出して吸い取ります。

吸引力は自走式やモーター式に比較して落ちますが、ヘッドが軽く力のない女性には扱いやすいのが良い所です。
価格的にも安価な商品で多く採用されています。

床ブラシ式;ヘッドにモーターや回転ブラシは有りません。

モーターの吸引力だけでごみを吸い取ります。

ヘッドブラシ機能比較

(引用;ビッグカメラ)

 

コードレス掃除機もこの点を改良して来ましたが、大きくなるし充電時間もかかる事から、使い分けをする事で、両方を購入して使用シーンによって使い分けている傾向があります。

ハンディ掃除機も一時期の様な数量が出荷されていませんが、各社工夫を凝らし車の中を掃除しやすい、と言った新たな使い方を提案して数量を確保しています。

布団のダニを取るタイプの掃除機もレイコップから発売され、紫外線を出す事で殺菌効果を高めた商品も開発されましたが、数量は横ばいです。

昔はふとんを外で干して、ゴミをたたいて取って、日光に当てる事でダニを退治する様な方法が取られていましたが、花粉やpm2,5と言ったゴミがたくさんふとんにつく事から、季節によっては外に干せなくなっています。

また、梅雨の時期などは雨が多いので、ふとんを干す事が出来ません。

ダニの繁殖時期はちょうどじめじめした梅雨の季節が多いので、この時期には大変役に立ちますね。

ふとん掃除機はダニも取りますが、ダニの栄養素に成る皮膚の剥がれや垢、と言ったごみを取る事でダニの栄養分を取ってしまい、ダニの繁殖を防止するという意味があります。

レイコップの様なふとん掃除機を使った人は、ダニにかまれなくなったという声が多くあります。

 

 

ハンディー掃除機が減少した理由の一つに、掃除機の兼用化があります。

スティッククリーナーでありながら、先端部分が取れる様に成っており、ふとんやソファと言った場所を掃除する場合には、先端部分を取ってハンディー掃除機にして掃除をする様にするタイプが出てきています。

コードレススティック型クリーナー(TC-5109W)(写真引用;ふるなび)

またスティッククリーナーでは、先端部分のカートリッジも豊富に成って来ており、カーテンや壁、クーラー、電化製品、と言った凹凸のある様なところでも掃除ができる様に成って来ました。

ロボット掃除機もダイソンのロボット掃除機が有名ですが、日本のメーカーからもたくさん発売されています。

特に日立は力を入れていて、ミニマルブランドで売り上げを伸ばしています。

ロボット掃除機も進化していて、床から落ちない様に成っていますし、部屋と部屋との間の段差も、移動できる様に成って来ました。

掃除する場所も、食卓テーブルと言った障害物が有る場所も、障害物を避けながら掃除できる様に成って来ました。

特に汚れたところは、何回かその場所を重点的に掃除する事も出来る様に成って来ました。

ロボット掃除機は進化をしており、拭き掃除ができるタイプがアイロボット社から発売されています。

これはロボット掃除機の機能を持ちながら、専用の濡れ雑巾を機械の下にセットして、ロボット掃除機が前後左右に動いた際に、その雑巾でふき取る事が出来るような構造に成っています。

 

 

スティック型における充電式や、キャニスター型における小型軽量などの付加価値モデルの好調により、掃除機の平均単価が高く成っています。

2010年に18,100円だった平均単価は、2015年は22,300円まで高く成っています。

掃除機の税抜き平均価格(円) / GfK Japan調べ

出典「販売実績を基に推計した国内市場規模データ/GfK Japan調べ」

 

 

掃除機のおすすめの商品の説明

キャニスター式

 

スティック掃除機

ハンディー掃除機

ロボット掃除機

 

ふるさと納税ステップメールバナー700修正


SEOもキーワードも使わずにブログを作成し、月数万円を稼ぐブログの作り方
なまえ 必須
メールアドレス 必須




アフィリエイト

カード





買取

 








買取



 





教育


金融








証券



 





商品

人材派遣







税金

宅配





販売

 








販売



美容





 


防犯







防犯

 





保険

マンション投資







マンション投資

 





レンタル

 



当サイトがおすすめする、ふるさと納税の食品と人気商品

ふるなび、楽天、さとふる、と言ったサイトから最も割安な商品を探して、紹介しています。

レモンサワー

牛肉四角バナー米四角バナーうなぎ四角バナー

シャインマスカット縦バナー ビール四角バナーいくら縦バナーホタテ新バナーさくらんぼ①

 

エアーウィーヴ四角バナー旅行感謝券いちご

その他のカテゴリー

果物類魚介類バナー野菜類バナーアルコール類バナー セット品・その他バナーたまごバナー加工食品バナー工芸品バナー調味料・油バナーお茶・飲料バナー雑貨・日用品バナー特定品バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です