ふるさと納税家電製品(電化製品)総務省がふるさと納税で6月から新基準を出す前の期限付き電化製品

s14

総務省からふるさと納税で新基準が6月から発行されます。

それにあたり、ふるさと納税サイトではふるさと納税電化製品が、絞られています。

 

2018年12月にはふるさと納税家電製品がふるなびでは1,100点以上ありましたが、4月現在では320点程に成っています。

楽天でも120点程に減少しています。

 

 

現時点ではふるさと納税の返礼品がどのような基準に成るのか不明なので、家電製品ではどのような商品が残って行くのかは分かりません。

価格が高い商品は総務省からふるさと納税の新基準では無くなる方向と言われています。

 

 

ふるさと納税に出展されている電化製品は換金性が高い事から、価格が高い商品は規制がかかると言われています。

ふるさと納税の返礼品で高価格の基準は定かに成っていませんが、20万円を超える商品の点数はかなり減少しています。

 

家電製品で売り切れている商品の傾向は、10万円以上の商品で高価格品でコンピューター関係(ノートパソコン、デスクトップパソコン、タブレット、ディスプレイ)が多く無く成っています。

 

残っている商品も6月までには無くなる可能性が有ります。

 

 

しかしながらまだ残っていますので、この残っている電化製品は無くなる可能性が有る事に成ります。

 

価格が高い商品は時計や寝具と言った商品もあります。

これらも対象に成ると思われますが、この商品点数も最近減少しています。

 

その代わり、自治体の特産品としての肉や魚と言った商品は減少していません。

ふるさと納税の肉、魚、米、と言った商品は、
人気がある価格帯は10,000円~30,000円と言った価格帯なので、大変豊富に商品が整っています。

 

今ふるさと納税の返礼品の中で、高価格帯の商品が期間限定で出展出展されています。

期間限定なのは、6月に新しい基準が出て来る事からそれまでにはすべてなくなっている必要があるためです。

 

そのような商品は、総務省が規制しているデスクトップパソコン、ノートパソコン、時計、カメラ、と言った換金性の高い商品が多く成っています。

 

その為、価格は高いですが性能が高い商品に成っています。

 

いづれにしても、早く売り切れると思われますので、5月の連休に入る前に無くなる可能性が高く成っています。

 

欲しい方は、お早目にどうぞ。

 

期間限定でふるさと納税返礼で出展されている電化製品

【台数限定50台:平成31年(2019年)6月下旬以降発送予定

パソコン

VAIO SX14(4K Core i7モデル) VAIO SX14(Full HD Core i5モデル) VAIO S15

 

 

 

 

 

 

 

【台数限定30台:平成31年(2019年)5月下旬以降発送予定

 

デスクトップパソコン

Endeavor AT994AZM1Endeavor AT994AZM2

 

期限はありませんが、
これから売り切れになる可能性が有る商品

コンピューター関係

 

テレビ

 

ソニー ブルーレイディスクDVDレコーダー BDZ-FT1000(1TB)

カメラ

 リコーカメラ

 

キッチン家電

生活家電

 

 

 

ふるさと納税ってどうするの?

ふるさと納税については、知って入るけれど、活用していない人が多いのです。

ふるさと納税はしたいけど、やり方を知らないし、なんだか複雑で面倒という人が多いのです。

???

確かに、ふるさと納税する人

どこに寄付したら何が貰えるのか、

どうやって寄付するのか、

何のメリットがあるのか、

所得によって控除される金額とは、

貰える自治体からのお礼品、

確定申告が必要、

ワンストップ制度で簡単申請、

税務署に申請する、、等々、

 

ますます分からないので、出来ない、やらない。

という人が多いのです。

 

今やパソコンを使って申請も出来ますが、パソコンもみんなが出来るとは限りません。

確かに、分からない人にとっては難しい、複雑なやり方ですね。

 

でもこのふるさと納税をすれば、サラリーマンの人でも自営業者の人でも、自治体からお礼の品を年収にもよりますが、10万円の商品でも、2,000円で貰えるのです。

 

例えば、年収が500万円の人がふるさと納税をしたい、と考えたらどのように成るのでしょうか。

 

年収が500万円の場合には、61,000円までの商品が2,000円で貰えるのです。

その上、寄付をした自治体からお礼としてその自治体の特産品が貰えるのです。

 

流れから言いますと、以下の図の様に成ります。

メリット

年収500万円の給料をもらっている人が、始めてふるさと納税をしたいと考えています。

ふるさと納税をするとは、自分が応援したい自治体に寄付をします。

 

自治体から出ている返礼品を見てこれが欲しい、でも結構ですので、ふるさと納税サイトから返礼品を選んで寄付をします。

肉とか魚とか、電化製品、とかたくさんの種類があります。

 

この商品を見て、ふるさと納税サイトから商品を選ぶと、ふるさと納税の自治体への寄付画面が出て来るので、これに記入すれば良いのです。

そうすれば、寄付した次年度に寄付した金額の2,000を引いた金額が返って来ますし、自治体からは返礼品がもらえます。

 

つまり、2,000円で自治体からの返礼品がもらえる事に成ります。

その返礼品の金額は、ふるさと納税する人が選ぶ金額によりますが、返礼品の価値は現在販売されている金額としての価値に成ります。

 

61,000円寄付して貰ったパソコンは、実質店頭で売られてる金額は、寄付した金額の30%位の18,000円前後価格で販売されているパソコンなのです。

 

貰える返礼品の価値2

ですので、2,000円で18,000円の返礼品がもらえる、という事に成ります。

例えば、年収が1,500万円の人ならばどうでしょうか?

 

夫婦共働きの場合で、ふるさと納税をする人の控除額は389,000円に成ります。

同じよう寄付して返礼品(例えばパソコン)を貰ったとすると、2,000円で389,000円の30%の約11万円程度の返礼品がもらえる事に成ります。

 

ギフト券や旅行券と言った金券は50%の還元率があります。

この場合だと2,000円で389,000円の50%の役19万円が返礼品で貰えることに成ります。

 

大変お得ですよね。

 

詳細はこちらで説明しています。

ふるさと納税は簡単に節税できる制度ですので、ぜひ活用して下さい。

 

ふるさと納税ステップメールバナー700修正


SEOもキーワードも使わずにブログを作成し、月数万円を稼ぐブログの作り方
なまえ 必須
メールアドレス 必須




アフィリエイト

カード





買取

 








買取



 





教育


金融








証券



 





商品

人材派遣







税金

宅配





販売

 








販売



美容





 


防犯







防犯

 





保険

マンション投資







マンション投資

 





レンタル

 



当サイトがおすすめする、ふるさと納税の食品と人気商品

ふるなび、楽天、さとふる、と言ったサイトから最も割安な商品を探して、紹介しています。

レモンサワー

牛肉四角バナー米四角バナーうなぎ四角バナー

シャインマスカット縦バナー ビール四角バナーいくら縦バナーホタテ新バナーさくらんぼ①

 

エアーウィーヴ四角バナー旅行感謝券いちご

その他のカテゴリー

果物類魚介類バナー野菜類バナーアルコール類バナー セット品・その他バナーたまごバナー加工食品バナー工芸品バナー調味料・油バナーお茶・飲料バナー雑貨・日用品バナー特定品バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です